菊花賞はエピファネイアの完勝。最後の一冠を制す

菊花賞

1着 エピファネイア
2着 サトノノブレス
3着 バンデ

不良馬場での開催となった菊花賞は単勝オッズ1.6倍の圧倒的人気に支持されたエピファネイアが、前々から押し切る5馬身差の圧勝。力の差を見せつける結果となりました。
2着には中団から内を通って押し上げたサトノノブレス。3着には逃げ粘ったバンデ。ある程度前にいないと厳しいという展開のレースになりました。

勝ったエピファネイアはスタート直後からかかる素振りを見せていましたが、鞍上福永騎手がどうにか抑えるとあとは危なげのない展開でした。
能力的には完全に一枚上だったという印象で、今後も折り合いには課題が残りそうですが、ダービー馬のキズナとの再対決や古馬との対戦が非常に楽しみです。
今後はJCを使うかどうかというところですが、是非出てきてほしいものです。

2着サトノノブレスは内々を回りロスのない好騎乗。勝ったエピファネイアとは差がありましたが乗り方も含めて非常にいい競馬だったと言えると思います。
現状では決め手の足りない印象はありますが、ここからどう成長していくかですね。
現状ではディープインパクト産駒という事もありますし、トーセンラーやダノンバラードのように強いんだけど少し足りない、というタイプになりそうな感じですね。

3着バンデは個性的な逃げ馬としての可能性をとにかく感じますね。
スタミナもありますし、今後どこか大舞台での一発を期待したくなります。
今回に関しては楽ではないペースで引っ張りましたし、この馬の形には持ち込めたという評価でいいのではないでしょうか。
エピファネイアがこの馬の直後からついてくる形ではちょっと苦しかったですね。個人的にも今後注目したい一頭です。

2番人気で13着のマジェスティハーツは、後方からの位置取りで今回はチャンスがなかったですね。馬場も影響したのかもしれません。
不良馬場でこの展開という組み合わせが今回は厳しかったんだと思いますので、距離については今回のレースだけでは判断しない方が良さそうな気もします。血統構成が似ているカポーティスターのような立場で2400あたりの重賞に出られれば面白そうなんですけどね。

皐月賞馬、ダービー馬不在の菊花賞。エピファネイアで決まるのか?

菊花賞では断然人気が予想されるエピファネイア。
神戸新聞杯で良いレースを見せた事で、だいぶ気性面に対する不安は少なくなりましたが、それでも京都3000という舞台ではまだ不安が残ります。
実際春の皐月賞、ダービーで勝てなかった原因で最初に挙がるのは気性の問題になりますし、夏を越えてそのあたりがどこまで改善されているかが大きな見どころとなります。

が、きちんと折り合いがつくかどうかは走ってみなければ分かりませんので、今回はエピファネイアをデータ的な側面から見てみます。
まずは2400mでの開催となった07年以降の神戸新聞杯勝ち馬の菊花賞での成績をまとめてみます。

07年以降の神戸新聞杯勝ち馬の菊花賞
馬名 神戸新聞杯 菊花賞
13 エピファネイア 1人気1着
12 ゴールドシップ 1人気1着 1人気1着
11 オルフェーヴル 1人気1着 1人気1着
10 ローズキングダム 2人気1着 1人気2着
09 イコピコ 7人気1着 2人気4着
07 ドリームジャーニー 3人気1着 2人気5着

※08年ディープスカイは不出走

ここ2年は神戸新聞杯を1番人気で勝ち、菊花賞でも1番人気に推されたゴールドシップとオルフェーヴルが勝っています。
ともにステイゴールド産駒で、ゴールドシップは皐月賞、オルフェーヴルは皐月賞、ダービーとも勝っていましたので、実績的にはエピファネイアよりも上だとは言えます。

エピファネイアに似ているタイプとしては10年のローズキングダムで、皐月賞4着、ダービー2着。
距離不安を抱えていた事もそうですし、この年の皐月賞馬ヴィクトワールピサ、ダービー馬エイシンフラッシュともに菊花賞に出てこなかった事も今年と似ていますね。
菊花賞でのローズキングダムは距離を意識する部分もあったのか後方からの競馬となり、勝ったのは先行から押し切ったビッグウィーク。3着にも先行勢のビートブラックが入る結果で、展開的にも苦しくなってしまったレースでした。

皐月賞馬、ダービー馬不在の菊花賞もまとめてみましょう。

皐月賞馬、ダービー馬不在の菊花賞勝ち馬
馬名 皐月賞 ダービー 前走 菊花賞
13 エピファネイア 2人気2着 3人気2着 神戸新聞杯
1人気1着
10 ビッグウィーク 神戸新聞杯
5人気3着
7人気1着
09 スリーロールス 野分特別
3人気1着
8人気1着
08 オウケンブルースリ 神戸新聞杯
2人気3着
1人気1着
04 デルタブルース 九十九里特別
1人気1着
8人気1着

過去10年で皐月賞馬、ダービー馬とも不在だった菊花賞は4回。全て皐月賞、ダービーとも出走していなかった馬が勝っています。

1000万勝ちから菊花賞を制した馬が2頭いますが、ともに菊花賞に強いダンスインザダーク産駒なので、どこまで参考にできるのかは分かりません。今回もダンスインザダーク産駒がいれば面白かったんですけどね。

あとは神戸新聞杯からの2頭ですが、ビッグウィークの10年は神戸新聞杯2着のエイシンフラッシュが菊花賞回避、オウケンブルースリの08年は神戸新聞杯1着のディープスカイ、2着のブラックシェルともに菊花賞には出走していません。
ビッグウィーク、オウケンブルースリとも神戸新聞杯は3着で先着された馬が回避したという事になります。

こちらのデータからはエピファネイアが不利という事になり、皐月賞、ダービーに出走しておらず、1000万勝ちか神戸新聞杯好走からという絞り方をするとマジェスティハーツ、サトノノブレス、フルーキー、バンデの4頭が浮上する事になりますね。

菊花賞登録馬23頭。エピファネイア中心は揺るがず

10月20日に行われる菊花賞の登録が行われ、23頭の登録がありました。
中心はエピファネイアで2番手以降は大混戦という感じですね。

まずは優先出走権を持っている馬です。

エピファネイア
マジェスティハーツ
サトノノブレス
ユールシンギング
ダービーフィズ
アドマイヤスピカ

以下は賞金順。

タマモベストプレイ
ヒラボクディープ
ケイアイチョウサン
テイエムイナズマ
バンデ
フルーキー
ヤマイチパートナー
ラストインパクト
ナリタパイレーツ
インパラトール
アクションスター

ここまでが確定の17頭です。
残りの1枠を900万組の6頭で抽選ですね。

ウインアルザス
エーティータラント
サイモンラムセス
ネコタイショウ
ピュアソルジャー
マイネルサンオペラ

エピファネイアにかなりの人気が集中するのは間違いなさそうで、同じく神戸新聞杯組のマジェスティハーツ、サトノノブレスあたりが続く形でしょうか。
セントライト記念組は恐らくそこまで人気はしないでしょうし、賞金順だと野分特別快勝のフルーキーや、セントライト記念では敗れていますがその後の兵庫特別を圧勝したバンデあたりがどこまで人気するかですね。

展開としては確定組の中ではバンデが単騎で逃げる展開になりそうで、抽選組からウインアルザスかネコタイショウが出てくるようだとちょっと展開は分からなくなります。