神戸新聞杯はエピファネイアが折り合って完勝。菊花賞へ死角なし

神戸新聞杯

1着 エピファネイア
2着 マジェスティハーツ
3着 サトノノブレス

単勝オッズ1.4倍と圧倒的な人気に支持されたエピファネイアがその期待に応え完勝。菊花賞へ向けて非常にいいスタートを切れました。

勝ったエピファネイアは不安視されていた折り合いも大きな問題にはならず、中団から徐々に押し上げ4コーナーで先頭を射程圏に捉える形。全く危なげのない勝利でした。
極端に控えたり、馬群に入れたりする事もなく、このレースが出来た事はエピファネイアと福永騎手にとって大きな収穫ですね。
菊花賞に向けてという意味では、やはり3000mが適距離という事はないでしょうからエピファネイアの不安が消えたわけではありませんがメドは立ちました。他馬との比較で見れば、やはりこの馬で仕方ないのかなという結論になってしまいますね。

2着マジェスティハーツは後方から進め、末脚が光りました。
元々ここまで控える馬ではありませんが、今回はうまくハマりましたね。4コーナーも内を回して直線向いてから外に出す形で、本当に直線だけで持ってきたというレースでした。
この日も手綱をとった森一馬騎手ですが勝利数の問題でG1へは乗れず、菊花賞では武豊騎手が乗るようです。
今回のように溜めて乗るなら2,3着が怖いですね。そのパターンがあるとすればテイエムイナズマかと思っていたのですが、2頭注意しなければならないようです。

3着サトノノブレスはとにかく菊花賞出走権がとれたのが一番ですね。このレースでするべき事はその一点だったはずです。
エピファネイアには完全に力負けですが、マジェスティハーツにかわされたのは展開1つという部分もありますし、それほど気にしなくてもいいでしょう。
ある程度前で安定した競馬が出来るので菊花賞でも可能性はありそうですが、ディープインパクト産駒は菊花賞のイメージはありませんし距離は少し不安ですね。その辺りは母父トニービンとメジロ牧場に期待でしょうか。

セントライト記念はユールシンギングが鋭く差し切り。ダービーフィズとアドマイヤスピカが菊花賞切符

セントライト記念

1着 ユールシンギング
2着 ダービーフィズ
3着 アドマイヤスピカ

台風の中止で1日順延しての開催となったセントライト記念は、後方に控えていた馬が掲示板を独占。
直線を向いて狭くなる場面もありながら最後まできっちりと伸びたユールシンギングが、先に抜けだしたダービーフィズを捕らえて勝利。3着アドマイヤスピカまでが菊花賞への切符を手にしました。

勝ったユールシンギングは前走で500万を勝って中2週。一気に菊花賞出走までこぎつけました。
前走では新潟で最速の上がりを使って勝ち、中山2200でもこの競馬ができたというのは評価したくなるところですが、前走が500万なのでそこまで評価していいものなのか難しいところですね。
直線を向いてから前が壁になった事が結果的にベストなタイミングでの追い出しとなったような感じはありますが、最後の1ハロンのキレは見事でした。
菊花賞に向けてという意味では、この1戦だけでは推すだけの材料にはなりませんが、血統的には母系から長距離でも面白そうな感じはあります。父シンボリクリスエスは距離持ちそうで持たない馬が多い印象ですが、気性による部分も大きいと思うんで、この馬なら大丈夫かも、といったところですね。

2着ダービーフィズはユールシンギングには差されましたが、今回は非常にいいレースをしました。
春にももう少しでクラシックに乗れるというところでしたが、ここでようやくといったところですね。
血統的にも菊花賞の京都3000は楽しみなんですが、今回2,3着のダービーフィズとアドマイヤスピカは1月の若竹賞の1,2着なんですよね。
アドマイヤスピカもその後は期待されながら苦労していますし、この2頭は実は中山がいいだけなのでは、という部分は多少気になります。
オウケンブルースリやジャガーメイルなどを筆頭に京都外回りの長めの距離には強いジャングルポケット産駒で、母はマンハッタンカフェの全妹。血統どおりに受け取ればこの馬の方が本番で面白そうというところなんですが、この馬自身の実績からだとそういうタイプでもないような…というところです。

3着アドマイヤスピカは、外々を回してこの結果なら十分でしょう。
元々長めの距離も使われていますし、レースぶりからも菊花賞に向けて楽しみなんですが、こちらは父キングカメハメハで、あまり菊花賞に向くイメージはありません。ダービーフィズとは逆のパターンですね。
菊花賞での期待度という面ではダービーフィズとは甲乙つけがたいですが、ユールシンギングよりは2,3着馬かなといったところです。
それでも恐らく神戸新聞杯組の方が上位になってくるでしょう。

5着のケイアイチョウサンは今回は本当にトライアルですね。
折り合いに専念して、勝ち負けより次を見据えて乗った感じでした。
菊花賞もこの乗り方で、勝負が決まった後に突っ込んできて2,3着みたいな展開も横山典騎手だけになんとなく想像してしまいます。
ただ今回上がり最速ではあるんですが、最後ナンヨーケンゴーに交わされたのはちょっと気になります。
最後ちょっと抜いたようにも見えるんで微妙ですが、こういう負け方は届かないのはいいんですが、差されるのは良くないですよね。

1番人気で13着のヒラボクディープは中山2200は合わなかったのと、展開も向きませんでした。
ただそれにしても今回は負けすぎですね。菊花賞は今回とは全く質の違うレースになると思うんで、一変の可能性もなくはないですがさすがに推せないですね。それどころか出走自体も微妙な状況になってしまいました。

野分特別快勝のフルーキーは菊花賞参戦へ

先週の1000万、野分特別を快勝したフルーキーは菊花賞を目指すことに決定。

野分特別では着差こそ3/4馬身ですが、後方からの末脚はかなり際立っていて、前を捉えるところで浜中騎手が後ろを振り返る余裕ぶりで、内容的には完勝でした。
このレースを見る限りでは距離は伸びても面白そうな印象は受けますが、3000となると正直分かりませんね。

血統的には父Redoute’s Choiceで、日本ではランリョウオーやクリアンサスなどがいて、2000でも長いくらいの印象ですが数が少なすぎるのでなんとも言えませんね。
Redoute’s Choiceはデインヒル産駒で、デインヒルはスピード能力が目立つ血統ですが、距離の融通性も意外とある印象です。
フェノーメノも母父デインヒルは距離不安の要素の1つだったと思いますが結局天皇賞(春)を制してしまいましたし、世界的には距離を問わず大活躍中の血統ですから、3000が合う事はないでしょうが菊花賞をこなしてしまう可能性は十分ですね。

ただ予想する方としてはトライアルを使わずに1000万からの参戦というのは判断に困りますね。
ここ数年でも09年にスリーロールスがそれこそ野分特別から直行で勝っていますし、10年のビートブラックも1000万の兵庫特別を勝って菊花賞では3着に入っています。
ともに長距離はいけそうな血統背景を持っていて、特にスリーロールスは菊花賞に強い父ダンスインザダークという点もありましたので、フルーキーとは少し違う部分もありますが。

セントライト記念、神戸新聞杯のトライアル組にめぼしい馬が出てこなければ、このフルーキーが未知の魅力という事で買われる形もありそうです。

野分特別を快勝したフルーキー(牡3=角居)は浜中とのコンビで菊花賞(10月20日、京都芝3000メートル)へ向かう。「距離が延びても対応出来そうな走り方だった。ジョッキーの進言もあり決断した」と師。
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2013/09/11/kiji/K20130911006597560.html

アポロソニック脚部不安でセントライト記念回避。菊花賞は未定

ダービー3着で今週のセントライト記念へ出走を予定していたアポロソニックは左前脚の脚部不安の為、セントライト記念の回避が決定。
今後については未定との事で気になるのは菊花賞ですが、このタイミングでの脚部不安では厳しいと見るのが妥当なんでしょうか。

これでダービー5着までで菊花賞に出てきそうなのはエピファネイアのみとなり、そのエピファネイアはダービーの2400でも折り合いにかなり苦労していましたから神戸新聞杯での走りが非常に重要になってきます。

神戸新聞杯を楽勝するようなら菊花賞はエピファネイアが完全に抜ける形のオッズになりそうですが、どの馬にもチャンスがある菊花賞になりそうです。

セントライト記念(16日、中山)に登録していたダービー3着馬アポロソニック(牡3=堀井)は左前脚の脚部不安で回避することが11日、決まった。今後については未定。
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2013/09/11/kiji/K20130911006597520.html