菊花賞はエピファネイアの完勝。最後の一冠を制す

菊花賞はエピファネイアの完勝。最後の一冠を制す

菊花賞

1着 エピファネイア
2着 サトノノブレス
3着 バンデ

不良馬場での開催となった菊花賞は単勝オッズ1.6倍の圧倒的人気に支持されたエピファネイアが、前々から押し切る5馬身差の圧勝。力の差を見せつける結果となりました。
2着には中団から内を通って押し上げたサトノノブレス。3着には逃げ粘ったバンデ。ある程度前にいないと厳しいという展開のレースになりました。

勝ったエピファネイアはスタート直後からかかる素振りを見せていましたが、鞍上福永騎手がどうにか抑えるとあとは危なげのない展開でした。
能力的には完全に一枚上だったという印象で、今後も折り合いには課題が残りそうですが、ダービー馬のキズナとの再対決や古馬との対戦が非常に楽しみです。
今後はJCを使うかどうかというところですが、是非出てきてほしいものです。

2着サトノノブレスは内々を回りロスのない好騎乗。勝ったエピファネイアとは差がありましたが乗り方も含めて非常にいい競馬だったと言えると思います。
現状では決め手の足りない印象はありますが、ここからどう成長していくかですね。
現状ではディープインパクト産駒という事もありますし、トーセンラーやダノンバラードのように強いんだけど少し足りない、というタイプになりそうな感じですね。

3着バンデは個性的な逃げ馬としての可能性をとにかく感じますね。
スタミナもありますし、今後どこか大舞台での一発を期待したくなります。
今回に関しては楽ではないペースで引っ張りましたし、この馬の形には持ち込めたという評価でいいのではないでしょうか。
エピファネイアがこの馬の直後からついてくる形ではちょっと苦しかったですね。個人的にも今後注目したい一頭です。

2番人気で13着のマジェスティハーツは、後方からの位置取りで今回はチャンスがなかったですね。馬場も影響したのかもしれません。
不良馬場でこの展開という組み合わせが今回は厳しかったんだと思いますので、距離については今回のレースだけでは判断しない方が良さそうな気もします。血統構成が似ているカポーティスターのような立場で2400あたりの重賞に出られれば面白そうなんですけどね。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)