神戸新聞杯はエピファネイアが折り合って完勝。菊花賞へ死角なし

神戸新聞杯はエピファネイアが折り合って完勝。菊花賞へ死角なし

神戸新聞杯

1着 エピファネイア
2着 マジェスティハーツ
3着 サトノノブレス

単勝オッズ1.4倍と圧倒的な人気に支持されたエピファネイアがその期待に応え完勝。菊花賞へ向けて非常にいいスタートを切れました。

勝ったエピファネイアは不安視されていた折り合いも大きな問題にはならず、中団から徐々に押し上げ4コーナーで先頭を射程圏に捉える形。全く危なげのない勝利でした。
極端に控えたり、馬群に入れたりする事もなく、このレースが出来た事はエピファネイアと福永騎手にとって大きな収穫ですね。
菊花賞に向けてという意味では、やはり3000mが適距離という事はないでしょうからエピファネイアの不安が消えたわけではありませんがメドは立ちました。他馬との比較で見れば、やはりこの馬で仕方ないのかなという結論になってしまいますね。

2着マジェスティハーツは後方から進め、末脚が光りました。
元々ここまで控える馬ではありませんが、今回はうまくハマりましたね。4コーナーも内を回して直線向いてから外に出す形で、本当に直線だけで持ってきたというレースでした。
この日も手綱をとった森一馬騎手ですが勝利数の問題でG1へは乗れず、菊花賞では武豊騎手が乗るようです。
今回のように溜めて乗るなら2,3着が怖いですね。そのパターンがあるとすればテイエムイナズマかと思っていたのですが、2頭注意しなければならないようです。

3着サトノノブレスはとにかく菊花賞出走権がとれたのが一番ですね。このレースでするべき事はその一点だったはずです。
エピファネイアには完全に力負けですが、マジェスティハーツにかわされたのは展開1つという部分もありますし、それほど気にしなくてもいいでしょう。
ある程度前で安定した競馬が出来るので菊花賞でも可能性はありそうですが、ディープインパクト産駒は菊花賞のイメージはありませんし距離は少し不安ですね。その辺りは母父トニービンとメジロ牧場に期待でしょうか。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)